お祝いの気持ちを形にしよう【出産祝いを贈る予定の人は必見】
ロゴ

出産祝いはマナーに気を付けよう~時期や数にも注目~

相手が喜ぶものを贈る

家族や友人に赤ちゃんが生まれたときには、お祝いしてあげたいものです。相手の喜ぶ顔を思い浮かべると、プレゼントを探すのも楽しいですね。初めて出産祝いを贈る人のために、まずは定番のアイテムをご紹介します。

気を付けたい出産祝いのマナー5選

no.1

渡す時期

最も気を付けなければいけないのが、出産祝いを渡す時期です。早く赤ちゃんに会いたいというのは分かりますが、出産を終えたばかりのお母さんは体調も不安定で疲れています。相手の体調や都合に配慮して伺うようにしましょう。伺うときは、相手の負担にならないように短時間にするべきです。

no.2

贈るタイミング

一般的に、出産祝いは生後7日~1ヶ月くらいの間に贈ります。もしその時期に贈ることが難しくても、半年以内なら出産祝いとして贈ることができます。もしくは、1年経つころに誕生祝として贈るのもいいですね。直接渡せないときは、配送でも問題ありません。

no.3

お祝いの相場

お祝いの相場は相手との関係によって異なります。身内の場合は、1~2万円位、職場の同僚や友人なら5000円位が相場です。しかし、会社の部下に贈るなら1万円位のものにした方がいいですね。友人同士でまとめて贈るのもいいでしょう。

no.4

贈り物の数

意外と知られていないのが贈り物の数です。セットで贈る場合、割り切れない3、5、7などで贈るのがマナーです。4個は「死」、9は「苦」に繋がるため、避けた方がいいでしょう。1ダースや1ペアのものに関しては、1組と数えられるので気にする必要はありません。

no.5

贈るもの

身内なら実用的なものにしたリ、産後すぐに使う寝具やベビーカーなどをプレゼントすると喜ばれます。友人なら、洋服やおもちゃなど数が多くても困らないものにした方が無難です。洋服を贈るときは、月齢ピッタリのものにすると、すぐに着れなくなってしまうので少し大きめのものにしましょう。

お祝いの気持ちを形にしよう【出産祝いを贈る予定の人は必見】

ベビーグッズ

熨斗の間違いには要注意

出産祝いの熨斗は、蝶結びで紅白の5本です。蝶結びの熨斗は、何度でも結び直すことができるため、何度あっても嬉しいお祝い事で使用されます。結びきりは「結んだらほどけない」という意味から一度きりのお祝い事である、結婚祝いで使われます。出産祝いで使ってしまわないよう気を付けましょう。

忙しい人は通販で買うとラク

仕事や育児に追われてお祝いを買いに行く時間がないという人は、通販を利用するといいでしょう。用途や予算に合わせてピッタリの商品を見つけることができるので、探す手間も省けます。また、相手先に配送することもできるため、遠方の人にはとても便利です。

カタログギフトも人気

最近は贈り物としてカタログギフトを贈る人も増えています。カタログギフトの場合、もらった側が好きな商品を選ぶことができるため、相手の好みがわからなくても気にする必要がありません。贈るものに悩まなくて済むのは嬉しいですね。